ネット副業は本業に内緒で取り組めるのか

未分類 0件のコメント

副収入を得たいけれど勤務している職場が副業を禁止している。そのような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。こっそりと副業を行なえるのはネットビジネスだと目をつけられた方も多いはずです。ネット副業なら自宅で仕事をすることができるため、働いているところを職場の人に見られてしまう心配はありませんので、バレる可能性もなく内緒で取り組むことが出来ると思われているかもしれませんが、実はネット副業が職場にばれてしまったというような人も多いのです。
副業をしていることを黙っていたらばれることはないと思われいるネット副業ですが、実はネット副業がばれてしまうのは税金が大きく関係しています。ネット副業である程度の収入を得られるようになったら確定申告を行ない、納税の義務が生じます。本業の場合には給料から差し引いて税金が支払われていますので、あまり税金について深く考えたことがないというような方もおおいかもしれませんが、住民税などは収入に応じて支払わなくてはいけない金額というのは変わってきます。
副業における収入を確定申告を行なった際には、その人の所得が増えることになり、税金もプラスされます。その税金は通常給料から天引きになります。ということは、本職の方にプラスで税金が差し引かれるということを伝えられてしまうため、ここで副業をしていることがばれてしまうのです。もしもネット副業のことを本業にばれたくないと考えている場合には、このあたりに注目をすることが必要になります。
副業における確定申告の必要性は年間20万円以上の所得を得た場合に生じます。そのため、もしも絶対にばれたくないと思われているのであれば、年間所得を20万円以下に抑えることをお薦めします。所得というのは経費などを差し引いた収入になりますので、収支を管理することで20万円以下ぎりぎりの収入に抑えることも可能です。確定申告はその年に振り込まれた収入を刺しますので、12月に仕事をして報酬が確定しているものを翌月の1月に振り込まれた分は新しい年度の申告分になりますので、今年は20万円こえそうだというときは振り込み日の調整を行うことが大切です。
ばれたくないけれどもっと収入がないと困るという場合には住んでいる地域の確定申告の方法をチェックして、納税方法にその他の方法、つまり自分でネット副業で得た収入の納税は行なうと選択できる場合には20万円以上稼いでもばれることはありません。通常納税ではなく、自己納税にすることで副業の存在が確定申告でバレることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です