せどりのテクニック「Amazon刈り取り」のやり方など

未分類 0件のコメント

せどりのテクニックの一つに「Amazon刈り取り」がありますが、やり方のポイントは以下のとおりです。

「自己発送とFBAの価格差を狙う」。
自己発送の場合、出品者が直接発送作業を行なうので、「発送が遅い」「カートが取れない」という難点があります。
ですから、FBAを利用している出品者よりも安くしないと買ってもらえません。
そのため、同じ商品でも価格差が生じることになります。
Amazon刈り取りでは、その価格差を狙います。
例えば、自己発送の商品が2万5,000円強で、FBAの商品が4万円強だという場合、前者の商品を刈り取ってFBAで出品し直せば、1万5,000円ほど高く売ることができます。

「同じコンディションの商品の価格差を狙う」。
コンディションは同じなのに、なぜか価格差が発生している商品が中にはあります。
これにはいろいろな理由がありますが、出品者の中には、「在庫を早く処分したい」と考えている人も少なくありません。
例えば、どちらもコンディションは「可」なのに、一方は4,000円程度、もう一方は6,000円程度などというケース。
これも刈り取れば、2,000円程度の利益が取れます。

「Keepa Price Trackerを使う」。
Keepa Price Trackerという拡張ツールを使って、Amazon刈り取りを行なうこともできます。
このツールは、インターネット上からダウンロードすることができるのですが、価格が急降下したときなどにその価格の低下を追跡してくれるのです。
例えば、ある商品が3万円程度で出品されている所に、2万円程度の価格でAmazonの在庫が復活したとします。
ここでAmazonの在庫を刈り取れば、1万円程度の利益が見込めます。

「価格の設定ミスを突く」。
これは、Keepa Price Trackerを使っているという前提ですが、出品者が価格設定のミスをしたところを狙うという技です。
例えば、10万円が相場の商品を、一桁間違えて1万円で出品してしまっているというケースなど。
これを刈り取れれば9万円もの利益が取れるので、このようなヒューマンエラーも狙い目といえます。

「高額商品を狙う」。
高額商品を出品する際、初心者は「赤字になっても、早く売ってしまいたい」という考えになりがちです。
他の出品者より1~2万円ほど安く出品しているというケースもあるので、そのように出品者の焦りが価格に現れている場合は、刈り取りのチャンスといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です